こんなことがデメリット

ダメ!
カードローンは簡単な審査で多くの人が手にできるカードです。
 
カードローンのカードが一枚手元にあれば、審査を何度も受けることなく何度でも借り入れや返済を繰り返していくことができるので便利ですよね。
 
そんな便利なカードローンで気をつけたいのは、利用する側の認識という部分になってきます。

 
カードローンを利用するということは、借金を作るということ。
一見、当たり前のことなのですが、借金をしているという認識を忘れてしまう人が多いと言われています。
それはまさに、便利さから来ているものだと言えるでしょう。
 
その便利さは、銀行でキャッシュカードを利用するときと似ていて、カードローンもカード1枚が手元にあれば、銀行などでキャッシュカードと同じようにお金の出し入れが可能となっているのです。
キャッシュカードは自分のお金の出し入れなので何の問題もありませんが、カードローンはそうではありません。
 
つまり、借金だという認識を忘れてしまう原因は、もう一枚キャッシュカードが出来たような感覚で使用してしまう人が多いということになります。
ですので、カードローンを利用するということは、借金を作ることだということを必ず忘れないようにして下さい。
 
また、返済方法であるリボルビング払いというものは定額返済となっているのでわかりやすいのですが、金利分が返済額に含まれていることとなっていて、返済額の中に占める金利分の金額が大きく返済を繰り返してもなかなか元本が減っていかないというデメリットがあります。
 
そのため、返済はボーナスなどの大きな金額が手元に入った時にまとめて返済をするという方法を取ったほうが良いでしょう。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ