カードローンと他のローンの違い

一般的なローンとして思い出すのは住宅ローンや教育ローン、車のローンやトラベルローンやブライダルローンといったものを思い出します。
これらはすべてお金を使用する目的が決まっているものです。
 
そのため、ローンの申し込みをするためには必ずその目的に使用するのだという証明みたいなものが必要となってきます。
その目的に必要な金額だけをローンとして申し込むということになるのです。
 
一方、カードローンは使用する目的を一切問われません。
使用目的が審査に影響するようなこともありません。
事業資金に適用するのだけは禁止されていますが、その他のことであれば生活費にしようが遊興費にしようが構わないのです。

もちろん、使用目的に応じた証明書なども全く必要が有りません。
ここは一般的なローンとは大きく違ってくるところになり、自由度がかなり高いものとなっているのがカードローンなのです。
 
また、一般的なローンだと、次にまたローンを組もうと思うと新たに申し込みをして融資を受ける手続きを行わなくてはいけません。
しかし、カードローンの場合は、一度審査をスルーしてカードの作成ができてしまうと利用限度額の範囲の中であれば何度でも借り入れができて返済に関しても定時返済以外にも随時返済も何度でも可能となっているのです。
 
つまり利用のたびに申し込みをして手続きを取るというような必要がまったくないのです。
このように、カードローンは非常に便利で使いやすいカードと言えるでしょう。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ