カードローンの審査の流れ

カードローンの審査における流れは銀行系であったとしても消費者金融系であったとしてもほぼ同じような流れとなっています。
ただ、その審査の進行のスピードに違いが出てくる可能性があるのだと言っても良いでしょう。
 
基本的に最初は、申込書に必要事項を記載、もしくは入力をするというところからすべては始まります。
住所や名前、居住年数に勤務先や勤続年数、年収や家族構成、他社借入状況の申告などの個人情報を記載の上、申し込みを行います。
 
これらの情報を基に、各金融機関でカードローンの作成が可能かどうかの審査が行われるのです。
その際、在籍確認として勤務先などに金融機関から電話が入ってくることも多いようです。
この在籍確認とは、本当に申告勤務先で働いているのかの確認と虚偽の申し込みでないかどうかの確認を含めた連絡と考えて良いようです。
 
もし、この時点で審査をスルーできなかったら終了となるのですが、無事にパスした場合には運転免許証や健康保険証などの本人確認の書類の提出を求められることとなります。
 
書類提出と聞くと、郵送やFAXといった手間がかかるイメージがありますが、最近では、確認書類をデジカメやスマホで写真を撮ってメールやアプリなどで、その写真を送るといった提出方法もあります。
 
このような流れから本審査に入り、全てにおいて問題がなければカードローンが発行されるということになります。
 
なお、場合によっては本人確認書類を送る段階において収入証明書などの提出を求められることもあるので、事前にチェックしておきましょう。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ