カードローンの審査をクリアできない理由

考える女性
カードローンを申し込んでも審査をクリアできない場合があります。
 
それにはそれなりの理由があるはずです。
一体どのような理由が考えられるのかと言うと、実は申し込んだ本人が一番わかっていることが多かったりもします。
 
もちろん、審査をクリアするための最低条件である年齢制限に引っかかるということは除外しますが、基本的には申し込んだ銀行や消費者金融などから返済能力がない、もしくはそれに準ずると判断されたために結果としてクリアできなかったと判断するのが一番妥当でしょう。
 
つまり、他社からの借り入れがすでに多くの金額があって、すでに総量規制にひっかかっているというような場合です。
これはもうどうしようもありません。
どこに申し込んでも良い結果が出ることは難しいと考えておいた方がいいでしょう。
 
また、過去に破産や任意整理などを行っていた場合にも、一定期間はカードローンの審査をスルーすることは厳しいでしょう。
金融事故は起こしていなくても、延滞を繰り返したことがあったり、未払金が存在しているような場合にも同じことが言えます。
 
総量規制という部分だけをクローズアップすると銀行のカードローンは対象外となりますので、たとえ消費者金融でダメでも銀行ならOKではないかと思う人もいるようですが、銀行の保証会社が消費者金融であることが多いということを加味すると現実的には厳しい結果となる可能性が高いのです。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ