カードローンの審査基準

カードローンの審査の基準は表立ってはどこの金融機関も公表しているというわけではありません。
 
しかし、申し込みに際しての注意事項や常識的なことを考えていくと必然的にいくつかのポイントを上げることが出来ます。
 
まずは、20歳以上であるということは最低条件となります。
また、上限年齢というものも頭に入れておかなくてはいけません。
金融機関によって上限年齢は異なるので、はっきりとしたことは言えませんが、概ね65歳までしか申し込めないと考えておいたほうが良いでしょう。
 
さらに、年間を通して毎月一定の収入が見込めるということも基準のうちに入ってきます。
つまり定職に就いていて安定した収入があるということが条件となるのです。
 
すでに多くの借金を抱えてしまっているという状況は非常に厳しい状況であると言えます。
他社借入が多いと総量規制などにもひっかかってきますし、返済能力がないとみられる可能性があるからです。
 
この点は仮に多くの借り入れを現状ではしていなくても申し込み時期に複数の金融機関にカードローンの審査を受けているような状況だと同じような判断を下される可能性もあります。
返済能力が追いつくかどうかを不安視されるのです。
そのため、短期間に複数のカードローンの申し込みを行わないほうが無難だということが言えるのです。
 
申込書に記載する事項には間違いがないようにもしたいものです。
意図的でなかったとしても間違いがあると虚偽記載と見なされ印象は悪くなるので、慎重に行いましょう。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ