カードローンは使用用途が自由

考える女性
カードローンを申し込むためには何に使用するのかをいちいちと説明したり申告する必要はありません。
 
申込書に記入する時も特にそのようなことを聞かれるわけでもないので当然、審査にも影響をあたえるものではありません。
遊ぶためのお金に使おうが生活費に回そうが、ギャンブルに使おうが基本的には表立った制約はなにもないのです。

これはカードローンが人気が出ている理由でもあると言えるのですが非常に自由度が高いカードであるということが出来るのです。
 
唯一、使用に際して禁止されている項目も存在しています。
それは事業性資金への転用ということになります。
 
一般のサラリーマンなどには基本的に関係がないものということが出来ますが、自営業者や個人事業主であると事業としてのお金も個人のお金もわからなくなってしまうことが多いようです。
どこまでが会社のお金でどこからが自分のお金かが区別がつかないということなのです。
こうした人達がカードで借りたお金を事業に回すことを禁止しているということになるのです。
 
事業のためにお金を借りたいのなら法人や自営業者向けのカードローンに申し込んで審査を受けて別で使用するようにしないといけないのです。
使い勝手がよく利便性が高いカードローンなのですが、使いすぎには注意しなくてはいけません。
 
どんなことにでも利用できるからこそ、その利用の仕方には注意をして本当に必要なときだけ必要な金額だけしか利用しないということを徹底しなくてはいけないのです。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ