カードローンを契約できる人

カードローンの審査をクリアして無事にカードを作成できる、契約できるという人は決まっています。
誰でもが持つことが出来るというわけではないのです。
 
基本は20歳以上の成人であるということ、決まった仕事に勤めていて収入が安定して入ってくるという人が契約できるのです。
これはお金を貸す側からしたら当然ともいますが、返済をきっちりと行えると思われる人としか契約をしないということなのです。
 
主婦でもパートで毎月収入がある人や、学生でも20歳以上で、アルバイトで毎月の収入が安定して入ってくるということが証明できれば、契約可能となっています。
 
ですが、自身の収入がない専業主婦であったり無職の人や収入のない高齢者などでは契約することが出来ないという場合も。
 
専業主婦の場合は総量規制対象外である、銀行での借入であれば可能。
高齢者の方でも、満70歳の方でも申込めるところもあります。
この年齢制限の上限は各金融会社で異なるので、事前にチェックしておきましょう。
 
一部のカードローンでは家族カードが作成できる場合もあるようですが、それも家族にきっちりとした収入が見込める人がいての話となります。
 
また、定職についていて毎月収入がきっちりとある人でもカードローンの審査をスルーできなければ契約はできません。
すでに多くの借り入れが他社である人や過去において金融事故などをおかしたことがある人は申し込んでも契約ができないこともあるということになるのです。
 
銀行系のカードローンは総量規制の対象外ですが消費者金融系のカードローンでは総量規制の対象となりますので、そうした既存の借入金額が多すぎて契約ができないという人も出てくる可能性が特に高いのです。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ