誰にもバレずにお金を借りる方法 TOP > カードローンの注意点 > 万が一延滞してしまった時はどうする?

万が一延滞してしまった時はどうする?

困った女性
カードローンを利用しだすと基本的には翌月には返済日が巡ってきます。
「決められた金額を返済日に返済する」という、当たり前のことを毎月行うということが始まるわけです。
 
カードローン作成時の審査をクリアしているということは、返済能力があると見込まれているわけですが、時には思いもよらない出費が続いて返済ができなくなるということも考えられます。
こうした時に、いきなり返済の催促の連絡が入りまくるというようなことはありません。
多くの場合は、郵便で別途返済日が指定されてその日に返済が出来れば、特に問題とは見なされずに済む場合が多いです。
 
しかし、この時点でも返済が滞ってしまうと、さすがに銀行や消費者金融から連絡が入ってきます。
この連絡は催促の電話です。
 
返済できない理由も聞かれますし、現状の自分自身の状況なども聞かれ、改めて返済計画を立てるような話になるかと思われます。
 
その際には、返済がちゃんと行われるまでカードの利用は停止されることとなります。
そのうえ、返済を行うときにも遅延損害金というものを返済遅れの日数に応じて取られることとなるのです。
 
このように返済が遅れて得をすることは何もない、むしろ損をする可能性が高いということになるのです。
 
金融機関からの電話連絡はカードローン審査時の在籍確認の電話以外は受けたくないものです。
どうしても返済が遅れそうだという場合は連絡が来るのを待つというよりも、こちらから銀行や消費者金融に連絡を入れるということも大切となってきます。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ