上手なカードローンの選び方

電球のイラスト
カードローンを選ぶにも迷ってしまうほどに、現在はたくさんの種類があります。
 
選ぶための考え方も色々で、一概にこれが絶対に良いということは言えませんが、カードローンの審査をスルーできるということよりも大切なのは、自分の現状に応じた選び方や損をしない選び方を重視したほうが良いということになります。

 
選ぶポイントにもなる金利は、低金利だとやはり魅力的なものとなりますよね。
それは、総返済額がどうやっても少なくなるため、そういった意味では、銀行のカードローンが一番良いということになります。
消費者金融よりも必ず低く設定されていますし、銀行からの融資であるという安心感も。
 
銀行のカードローンで審査がクリアできなかったら、消費者金融のものをという選択もあります。
 
その場合は、大手の消費者金融を選ぶことをオススメします。
なぜかというと、大手の消費者金融はバックに銀行が付いている場合が多いためです。
 
金利は概ねどこでも上限金利に設定されていることが多くあります。
中には一定期間無利息期間を設けているものもあるので、使いようによっては大手の消費者金融の方が得になる可能性もあるのです。
 
例えば、借り入れをする期間が短く、返済出来る目処が短期でついているといった場合などは、銀行での借り入れよりも消費者金融での借入が金利面を考えても得になる可能性があるのです。
 
また、提携ATMなどを利用して借り入れをする時にかかる手数料は、銀行や消費者金融によってマチマチです。
24時間手数料がかからないところもあれば、ある一定の時間を過ぎると手数料がかかるところもありますし、どのようなときでも手数料自己負担となるところもあります。
 
このように、たとえ金利が低く設定されていても、借入や返済時に手数料がかかったり、手数料が高いとなんのメリットも出てきません。
どのカードローンにするか選ぶ際に、この辺りも十分に注意をしてチェックしておきましょう。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ