保証会社とは

男性のイラスト
カードローンは審査はあるものの保証人や担保がいらない利用する消費者からしたら非常にありがたいカードです。
 
しかし、これでは銀行や消費者金融からすると融資金額は少額とはいえリスクがあるような気がします。
利用している消費者が返済できない延滞を繰り返すなどの事態を起こした時には全部かぶってしまうことになりかねないからです。
 
ここで登場するのが保証会社ということになります。
保証会社はこうした万が一の場合に銀行や消費者金融に対して貸し出しをしていた金額を全額立て替えて保証するということを行っているのです。
要は保証会社は借り入れをする消費者からすると保証人のようなものになるのです。
 
そのため銀行や消費者金融においてはリスクを回避することが出来てカードローンの発行を安心して行えるということになるのです。
実際に金融機関においてカードローンの審査が行われときの条件として保証会社の保証を受けられる人となっているのはこのためなのです。
 
もし、返済が滞ったときなどには借り入れを行っている銀行や消費者金融からは返済の催促は来ないようになるのですが、債権は保証会社に移ることになるので最終的には保証会社から返済を求められるということになります。
 
借りている側からしたらいずれにしても返済は求められますので同じ事です。
返さなくて良いということは決してありません。
近年カードローンが発行件数を伸ばしているのはこうした保証会社がバックにあってこその仕組みとなっているわけなのです。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ