個人事業主でも借りられる?

悩む男性のイラスト
働き方の一つとして自分で商売を営むという方法があります。
いわゆる個人事業主という立場です。
 
個人事業主にしても収入を得て生計を立てていくわけですが、サラリーマンとは違って、ありとあらゆることを自分で行わなくてはいけません。
年金や健康保険の手続き、税金の申告、決算に及ぶまで全て自分自身で行うということが基本となるのです。
 
そんな個人事業主がカードローンを申し込むと審査でスルー出来ない場合が結構あるようです。
 
それは、個人事業主に関しては一般的に収入が安定していないと判断される場合が多いからです。
今月は収入が多くても、来月はほとんど収入がないというような状況が起こりうるという判断をされてしまい、貸す側からするとリスクが大きくなるため、貸せないという結果になってしまうのです。
 
また、個人事業主が個人のお金と事業のお金との区別がつきにくいという点もマイナス要因となっている可能性が高いです。
個人事業主がカードローンの審査をクリアしようと思うのであればやはり、信用されるような実績が必要となってきます。

つまり、営業年数や数年に渡り確実に営業をしているという証が必要ということになります。
このように個人事業主は信用が極めて低いというところからのスタートとなってしまうでしょう。
 
最近では起業をする人も増えているようですが、基本的に当初はどこからも借り入れはできないと思って十分資金を蓄えておいてスタートを考えるということが重要となってくるのです。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ