法人向けのカードローン

一般的なカードローンというものは個人向けの商品となります。
 
利用用途は限られていなく生活費や遊興費に利用することも可能なのですが、唯一、利用が禁止されているのは事業資金への転用ということになっています。
個人が借りたお金を事業を行うための運転資金などとして利用することを禁止しているのです。
 
もし、事業にお金を利用したいと思うのなら法人向けのカードローンを申し込み審査をスルーして利用しなくてはいけません。
これは事業を行っている経営者向けのものとなるためサラリーマンなどは関係がないものとなります。
 
法人向けのものも、無担保で保証人なしで利用できる商品も、銀行や消費者金融に存在しています。
どちらかというと、起業したての法人や社歴が浅い法人などがつなぎ資金として利用するのに向いている商品であると言えます。
それは、法人が銀行などから一般的な融資を受ける場合の金利と比べると、カードローンはかなり高い設定の金利となっているからです。
 
そのため、通常であれば利用することをあまりオススメできるような商品であるとは言えないのです。
どうしても利用するのなら、本当に一時的な資金補充のためのつなぎ資金と考えて利用するべきだと言えます。
そして、資金にメドがついたらすぐに返済をするようにしましょう。
 
ただし、有担保の法人向けのカードローンは審査をクリアできれば金利も低く例外的に有効に利用できる可能性がある商品もあります。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ