総量規制とはなにか

貸金業者に対する法律として貸金業法というものがあり、この法律は2010年から改正されたものが施行されています。
 
貸金業は改正されるまでは、貸金業者である信販会社や消費者金融は融資を申し込む人の収入や、過去の利用履歴や返済履歴などを参考に各社の判断で消費者に対し融資の可否を決定していました。
 
簡単に言えば、明確な基準というものがあるようでなかったといった感じでしょうか。
 
カードローンの審査に関しても、作成の可否は貸金業者の判断によるところが大きかったのです。
そのため、返済能力以上の貸しすぎというような事態が発生し、返済ができなくなってしまう人が数多く出てきて、債務整理をする人がかなりいたのが現実。
 
貸金業法の改正された部分に総量規制というものが存在しています。
これは返済能力以上のものは貸し出さないということを原点においており、貸金業者は個人に対して年収の3分の1以下しか貸し出しができなくなりました。
 
というのは、信販会社や消費者金融などが個人の借り入れ状況の情報を共有していることから可能となっているのです。
ただし、銀行は総量規制の対象外となっているため、消費者金融や信販会社からの借り入れが総量規制を超えていても、別枠でカードローンの審査を行って貸し出しをすることが可能となっています。

このように、総量規制のおかげで債務整理をする人は相当に減ったと言われています。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ