返済の方法は

審査をクリアして手にいれることが出来るカードローンは実際に利用してみると非常に便利で使い勝手の良さにありがたく思うものです。
しかし、注意をしておきたいのは返済についてです。
 
返済については多くの金融機関がリボルビング払いという支払い方法を採用しています。
リボルビング払いは毎月の支払金額が一定となる支払い方法で毎月の返済日に返済する金額が一定していることから支払い計画が立てやすく利用しやすいように思えます。
 
ただ、ここで問題となるのは金利分です。
リボルビング払いの場合、毎月の一定額の支払いの中に金利分も含まれての返済となるのです。
ですから、返済を開始した時期の支払内容をきっちりと確認をしますとかなりの部分が金利分の支払いであるということに気がつくと思います。
 
つまり、返済を繰り返しても元本分はなかなか減らないという現象が起こるのです。
そのため、返済をしている側からしたら返済しても返済しても元本がなかなか減らない、借金が減らないという感覚になる可能性が高いのです。
 
こうした状況を打破するには毎月の定額返済の他にもボーナスなどの臨時収入が入ってきた時には随時返済を行うことです。
別途で大きな金額の返済ができますと結果的に金利分も減ることとなるので、それ以降は元本も減ってくるという効果が期待できるからです。
 
カードローンは審査をスルーするよりも返済の際の金利分の負担のほうが大変なのです。
できるだけ早く返済を心がけるということが余分なお金を使わずに利用できる方法だということを覚えておくべきなのです。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ