限度額と極度額の違い

カードローンを利用している人の殆どの人は借入限度額とかご利用限度額の存在というものは知っていると思います。
 
それは自分自身がそのカードを利用して借り入れが可能となっている、まさに限度の金額を示しているものとなります。
決められた限度額内なら何度でも借り入れや返済の繰り返しが可能であるという意味になるのです。
この限度額に関しては多くの場合、カードローンの申込み後の審査をクリアした段階で設定をされるものとなり、各金融機関がそれぞれの申し込み者の信用状況や他社借入状況などを確認した上で限度額の上限が設定されるということになります。
 
意外と知られていないのが極度額の存在です。
カードローンの審査をスルーした後に交わす契約書などにはしっかりと記載があるはずですので確認をしておくとよいでしょう。
極度額というのは基本的に限度額よりも大きい金額が設定されていることが普通です。
 
これは何を意味して言うのかというと最初は限度額で契約をするのですが、ちゃんと継続して利用が認められて返済も滞りなく続けられていればある程度の期間の後には極度額にまで融資上限額を引き上げることが可能であるという意味になるのです。
 
お金を貸す側も最初は相手のことをわからずに貸すわけです。
信用が置ける人だと確認ができたらもっと貸し出すことが出来るという枠が極度額ということになるのです。
基本的には極度額の利用にはあらためての審査などは行われずに利用枠が増枠になります。
 


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ